MENU

交通事故にあってしまった

交通事故にあってしまったら

 

交通事故にあう
交通事故にあう

1.事故現場で損害賠償の話し合いはしない。 もちろん、示談書作成など絶対にしないように。 念書なども書かない。 交通事故示談交渉は、治療が完了し、交通事故にかかった費用全体がはっきりしてから行う。



2.事故直後には必ず病院に行きましょう。そして精密な検査を受けましょう。 事故直後は何ともなくても数日して、痛みが出たりすることもあります。 検査費用も原則的に、自賠責保険から費用がでますので安心して行ってください。

 

3.保険会社へ連絡します。 連絡しないと保証が受けられなくなることもありますので、必ず連絡しましょう。

 

4.警察への事故の連絡 加害者が警察に届けないように言ってきても、簡単に応じてはいけません。 警察の届け出をしないと保険請求手続きに必要な交通事故証明書が発行されませんので注意が必要です。 また、軽い気持ちで物損事故で処理してはいけません。物損事故にしてしまうと、後から治療費を請求しようとしてもできない場合があります。

 

5.加害者の氏名、住所、加害車両ナンバーの確認。 具体的には免許証の提示を求めます。

 

6.領収書、交通事故関係の書類はなくさないように大切に保管してください。 タクシーの領収書、医師の診断書作成料などの領収書は、すべて大切に保管しましょう。

 

7.事故の目撃者、証人になってくれそうな方がいたら、住所、電話番号などを聞いておく。 目撃証言は示談の話し合いを左右する存在になることもあるので重要です。

 


あおい整骨院 そもそも、頸部捻挫とは首の関節の軟部組織(靭帯や筋肉などレントゲンに写らない組織)の損傷のことで、柔道整復師(整骨院の先生)は、急性外傷である捻挫の専門家なのです。

そして、病院でも専門の診療科があるように、交通事故のむち打ちの治療も専門の特別な治療技術が必要になります。

事故後、病院に通っているが電気の治療だけであまりよくならない、といった不安を抱えている方も多いと思います。

でも、それはある意味仕方がないことなのです。

なぜなら、交通外傷の特別な治療を行っていないのですから。

 

大抵の病院や整骨院でも交通事故は扱っています。 しかし、専門で扱っているわけではないのです。

ぜひ、むち打ち治療の専門家のところで、治療を受けてください。

当然ですが、専門家の技術できちんと治療すればむち打ちは必ず良くなるのです。

専門家の重要性 まず、交通事故で痛めてしまった体を治すことが最優先です。

そして、無事治療が終了したら必要になるのが、2つ目の専門家、法律の専門家です。

 

相手保険会社との示談交渉が始まりますが、相手は示談交渉のプロです。 当院は交通事故専門の弁護士と顧問契約を結んでいます。

また、交通事故後遺症問題専門の行政書士とも業務提携していますので、示談に関して不安があれば、ご相談ください。